脳梗塞は予防が大切|血流を良くする食材を食べよう

女の人

肝臓の働きを助ける物質

サプリ

オルニチンはしじみに多く含まれる物質で、実は人間の体内でも生成されています。体の肝臓を解毒したり、新陳代謝をあげたりする効果があり、飲酒後の二日酔いを予防することができます。サプリメントなどを使って効率良く摂取しましょう。

この記事を読む

女性ホルモンと似た働き

サプリ

エクオールはイソフラボンの一種が体内で変化した物質です。女性ホルモンと似た働きをするので更年期障害の治療に役立てられます。しっかり摂取るためにはサプリメントを使うのが一番なので、安心して使える商品を探しましょう。

この記事を読む

食事改善で病気を防ぐ

男性

日本人の死因で増えてきているのが脳梗塞です。脳梗塞は、脳の血管が詰まる、破れるなどして起こる病気です。脳の細胞にダメージを与えてしまうので、後遺症が残る可能性もあります。脳梗塞を起こす要因は動脈硬化です。脳の動脈の中に血の塊ができて、血管が詰まってしまいます。脳梗塞が起こる前には必ず前兆があります。一番分かりやすいのが言語障害です。ろれつが回らずに言葉を上手く発することができなくなるため、近くにいる家族が気づく場合が多いのです。また、本人が分かる前兆は、視野が狭くなったり、物が二重に見えたりする症状です。このような症状が現れたらすぐに病院で検査を受けるべきです。前兆が出てから数日後には脳梗塞を発症する可能性が高くなります。
何より大切なのは脳梗塞を予防することです。日常の生活を少し変えるだけで脳梗塞のリスクは大幅に減ります。例えば食事です。動脈硬化を防ぐために血の流れが良くなる食材を積極的に食べましょう。特に良いのが青魚です。青魚にはコレステロールや中性脂肪を低下させる成分が含まれているので、血流改善に効果があります。また、海藻などに含まれる食物繊維も腸内環境を整えて血液の流れを良くしてくれるので、予防のために食事に取り入れましょう。食事内容を変える以外にも、水分補給もしっかり行ないましょう。水分をたくさん摂ると、血液の流れがスムーズになって、血栓ができるのを防いでくれます。食事で改善できない分は健康食品を上手に活用すると良いはずです。脳梗塞を未然に予防して健康的に過ごしましょう。

症状の緩和を目指す

婦人

更年期に差し掛かると、自律神経の乱れでめまいや発汗症状が現れ、喜怒哀楽のコントロールが上手くいきません。症状がひどくなる前にサプリを使って改善を試みましょう。漢方を使った製品もあるので、初めてでも手軽に使用できます。

この記事を読む